アレンHの転角検査

こんにちは、広報のコイケです。

割と前になりますがアレンHの転角検査を受けていたのでそのレポートです。

「転角検査」とは簡単に言うと車両を傾けていった時にある角度までに倒れないかを見ます。
キャンピングカーの場合は保安基準で30度の傾斜に耐えられればOKとなってます。

以前アミティではやって問題なくクリアした事がありましたが、アレンHではどうなんでしょう?
気になりますね。
ちなみに今回のは2WDモデルです。

IMG_20210720_152853.jpg

IMG_20210720_154151.jpg

IMG_20210720_154141.jpg

IMG_20210720_154132.jpg

結論から言いますと規定の30度は余裕でクリア、画像は35度を少し超えた所でしょうか?\(^o^)/
前輪が少~し浮き上がってきましたね。
これ以上は危険で測れないとの事なので計測終了としました。

いやー見てるとなかなか恐ろしい角度ですが倒れないもんなんですね。
これ見せたらビックリする人も多いんじゃないでしょうか?(◎_◎;)

ちなみに支えてる人がいますが安心してください、支えてませんよ!
と、誰かのネタみたくなってしまいましたが、実際は何かあった時の為に手を添えてるだけです。

とは言えキャンピングカーは大変横転しやすい乗り物です。
ハンドルやブレーキで簡単にバランス崩しますので安全運転を心がけてくださいね。
今回は人も荷物も載せていないというのもお忘れなく。

では。

この記事へのコメント